徴税吏員の逡巡

Twitterも見てね! @kt_theif

宮島訪問税は公平か

広島県廿日市市世界遺産厳島神社のある宮島を訪れる観光客らを対象に課税する「宮島訪問税」の導入に、総務大臣が同意した、との記事です。

1回100円、「宮島訪問税」導入に同意…武田総務相 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

廿日市市平成27年度に「法定外目的税導入検討委員会」を設置、世界文化遺産の島である宮島の自然と文化、歴史を守りつつ、誰にでもやさしい観光地づくりを進めるための財源の一つとして「宮島を守るための新しい税」の導入について検討した経緯がありますが、委員会の結論として「具体化に至るまでには更なる議論が 必要」との考えが示され、導入が見送られた経緯があります。

https://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/uploaded/attachment/15014.pdf

その後、令和2年度に「宮島財源確保検討委員会」が設置され、

観光客の増加が直ちに宮島地域の税収につながっておらず、多くの観光客等が宮島へ の来島によって生じる行政需要の一部を原因者に負担してもらうためには、宮島に入 域する行為で、課税客体を絞って徴収する手法が最も適切である。

などとして、船舶により宮島を訪問する行為を課税客体とする「宮島訪問税」の導入が提案されました。上掲の「課税客体を絞って」の趣旨は、宮島に「恒常的に所在する者」を除外する点にあり、具体的には宮島町の区域内に「住所を有する者」及び「通勤または通学する者」を除外することとされています。

https://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/uploaded/attachment/48644.pdf

平成28年の検討会においては「税の公平性の観点から、市民・ 市民以外の区別をせず、来島手段は問わないこと」を原則としており、島民の理解を得ることが「税の導入検討の根幹に関わる事項」と位置付けられていました。

今般の「宮島訪問税」において島民及び通勤・通学者が除かれたことはやや唐突感がありますし、報告書に記載されている「専門家意見」についても、諸手を上げて賛成、ということでもないように読めます。

フェリー等の運賃に上乗せする方式による入域税については、沖縄県の4か村等で既に導入されていますが、公平性確保の観点から原則として島民からも徴収しています。観光客(訪問者)に限定して課税するのは廿日市市が全国初となると思われますので、今後の動向に注目ですね。

なお、記事で触れられている総務大臣の同意については、

1 国税又は他の地方税課税標準を同じくし、かつ、住民の負担が著しく過重とな ること
2 地方団体間における物の流通に重大な障害を与えること

3 1及び2のほか、国の経済施策に照らして適当でないこと

に該当しない限り、総務大臣は同意しなければならないこととされています(地税671)。